18歳未満とのわりきり

定番サイト登録無料
優良サイトランキング
安全にお相手を探すなら迷わずココ!

 

大人どうしの割リ切りなら処罰の対象とはなりませんが、わりきり相手が18歳未満の児童の場合の売買春となれば、大きく話が違ってきます。「児童ポルノ処罰法(児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律)」に抵触し、刑事罰が科せられることになります。日本の法律では、未成年者は手厚く保護されているだけに、それを無視して行うすべての犯罪行為は、文字どおり、待った無しで罪を科せられることになります。

 

児童買春には、その行為をした者(児童買春)、児童買春を周旋した者、児童買春を勧誘した者で刑罰が違ってきますが、周旋・勧誘は5年以下の懲役、500万円以下の罰金、もしくは双方が科せられることになります。刑の重さもさることながら、児童買春で捕まると、仕事、仕事上の関係者との信頼関係、家庭がある場合はその家庭を失うことになり、社会的な制裁も重くのしかかってきます。
18歳未満に手を出すと、人生棒に振るというのは、大げさな言い方ではないのです。それと児童買春の事実は、非常に簡単に発覚しますので絶対に甘くみてはいけません。

 

児童買春で捕まる男性というのは、相手が18歳未満と知った上で手を出してしまう場合と、実年齢を知らないで手を出してしまう男性もいるでしょうが、知らなかったからと言っても刑事罰を免れるなんてことはありませんので注意してください。ネット上には年齢確認を行っていない、非出会い系サイトがたくさんありますので、そうしたところを利用しないことが、児童買春に陥らないちばんの対策となります。

このページの先頭へ戻る